時代の流れに対応できるマーケティングオートメーション

ITのソフトウェアやアプリケーションを用いて、営業をかける前段階の見込み客を育成したり選別し、購買意欲を増すような取り組みを行い、最終的に販売・利益に結びつけるための作業を自動化できるのが、マーケティングオートメーションです。

マーケティングオートメーションが必要になった要因の一つが、厳しい企業間競争です。時代の流れを先読みし、顧客のニーズにかなった商品やサービスを展開できなければ、大企業であっても安泰とは言えなくなりました。そのため、経験や過去の成功事例に頼るのではなく、今のトレンドをキャッチし、消費者に対して最も良いタイミングで適切なアプローチをかけることが重要です。たくさんの顧客データを収集し分析できるマーケティングオートメーションは、その点を実現するのに大きな役割を果たします。

インターネットがマーケティングオートメーションの普及を後押し

現代にマーケティングオートメーションが必要とされる大きな理由となっているのが、インターネットの普及です。そして、インターネットが消費者の行動を劇的に変化させました。インターネットが普及する前は、消費者が商品を買う、サービスを利用するといった場合に利用できる情報源は、テレビや新聞、雑誌など受動的なものが多く、企業の購買活動では営業部員が大きな役割を果たしていました。 一方、インターネットが普及してからは、一個人であっても企業での購買活動であっても、消費者は能動的に行動して、自分がほしいものを自らインターネット上で探すようになりました。情報を得るきっかけとなるのが、ウェブサイトやSNS、メールなどになるため、それらのツールを消費者が使用する際に最適なアプローチができるよう、マーケティングオートメーションの必要性が増しています。