マーケティングオートメーションの意味とは?

マーケティングオートメーションとは、見込み客を獲得して営業へ引き渡すまでの業務を管理するツールのことです。見込み客の管理を「自動化」「最適化」によって行っています。購入や取引成立までの間に、営業担当者はさまざまなアクションが必要です。アクションが多ければ多いほど、手間やコストもかかってしまいます。そこで、ツールで管理し、自動でメールやアクションをすれば、購入や取引成立までの業務を減らせるでしょう。 マーケティングオートメーションで重要なのは、見込み顧客のステータスや関心事・求めていることによって、マーケティング施策を変えていることです。「資料を請求した」「セミナーに参加した」など、見込み顧客の行動も把握でき、最適な施策を与えられます。そして、見込み顧客の興味レベルが高くなり、購入意欲も高まったところで、営業へ引き渡すのです。

マーケティングオートメションでは何ができるのか?

マーケティングオートメーションを利用することで「見込み客の一元管理」「継続したコミュニケーション」「ホットリードの把握」ができます。ツールでは、見込み顧客がどのような行動を取ったかが記録されるため、一元管理をすることが可能です。過去の行動をもとに、どのようなアクションを取ればいいのかをツールが分析します。 また、継続したコミュニケーションとして、定期的なメール送信やDM発送をしてもいいでしょう。見込み顧客の状況に合わせた内容を送信すると、メールを開封してくれる確率が高まります。そして、継続的にコミュニケーションをとっていると、相手との信頼関係も築きやすくなるのです。さらに、あともう少しで購入や取引成立できる段階の「ホットリード」を把握することにも利用できます。