見込み顧客のフォローアップ

マーケティング業務において、新たな見込み顧客を見つけ出したり、継続して見込み顧客の関心を高めていくことは大切です。その点で、マーケティングオートメーションを使うと高い効果が期待できます。例えば、商品やサービスの紹介だけでなく、活用事例や価格が記載されている自社Webページを見ている顧客は購買意欲が高いとみなすことができますが、それを把握できるのが、Webでの顧客行動の情報を分析できるWebトラッキング機能や、顧客の属性や行動を点数化できるスコアリング機能です。これらの情報をリード管理機能と結び付けて利用し、さらにメール配信機能を用いて関心ある情報を、タイミングを計って送付すると、販売に至る可能性が高まります。

マーケティング業務の見直し

どの業務にも共通することですが、仕事の経験が長い人に業務が集中し、ブラックボックス化してしまうことがあります。そうなると、その担当者が異動したり退職した時に、仕事が回らなくなる可能性が高まります。また、マーケティングの分野では、消費者の行動様式が大きく変化していることで、今までの経験や勘が頼りにならないケースも多くなっています。このような属人化による弊害を払しょくできるのが、マーケティングオートメーションに備わっているランディングページ作成機能や分析機能です。

ランディングページは検索エンジンから遷移する企業活動でポイントとなるWebページであることが多く、このページを知識や技能がなくても簡単に作れることで属人化を防ぐことができます。また、高度な分析機能があることで、実際に行ったマーケティング活動を見直し、経験や勘に頼らず、正しい情報に基づいて展開することが可能になります。